工場の求人関連情報

HOME工場バイトから正社員ってなれるの?

最終更新日:2017/10/03

工場バイトから正社員ってなれるの?

笑顔の女性

工場の仕事をアルバイトでスタートしたとしても、働きぶりが評価されれば正社員契約も夢ではありません。これは工場仕事に限らずどんな業種にも当てはまる事です。会社にとって確実に利益へとつながる、「逃がしたくない有能な人材」と評価されれば、おのずと工場側から社員契約のスカウトがかかるでしょう。
とはいえ昔に比べると冷え込みの激しい日本経済ですので、「そこそこ頑張っている」くらいでは、なかなかアルバイトから正社員への昇格は難しいのも事実です。そんな場合でも、高い確率で正社員に登用してもらいやすくなる方法があります。必ず正社員になれる保証はありませんが、覚えておいて損は無いポイントですので、現在働いている工場で正社員を目指している方は参考にしてみて下さい。
簡単に言えば、現代ビジネス世界において自分の「人材としての価値」を高め、雇用側に分かりやすくアピールしていく事です。それが一番手っ取り早いのが、「資格」と「実績」です。高い就業意欲を持っていても、それが目に見えない不確定要素の場合、企業はリスクを冒して正社員登用したいとは思いません。しかし、その工場現場で重宝される特殊技術の資格などを有していれば、雇用側としても高い人材価値だと判断しやすくなるのです。高度な機械整備技師の資格であれば、有資格者自体が業界に少ない事もあり、会社としては専属で抱えておきたくなる人材と判断してくるでしょう。無資格未経験でも働ける単純作業が工場仕事の魅力ですが、そこで上を目指すのであれば特殊技能の資格習得を考えてみて下さい。苦労して資格を手に入れれば、不況に左右されない安定した就職状況を実現する事も夢ではありません。
もう一つ、正社員への確率を上げる要素が「実績」です。これは日々の仕事ぶりで結果を残していくしかありません。工場作業によっては、そのシンプルがゆえの業務内容により、従業員の頑張りを数値化しやすいケースが多いです。他のアルバイト従業員と比べ、月の平均生産量が抜きんでて高ければ、それだけ評価も高くなると思います。アルバイト従業員の中でも業務における中核的存在であれば、こちらも雇用側としては雇い続けておきたい人材として捉えられるでしょう。もちろん成果だけでなく、管理者など上役への印象を良くしておくのも大切です。成果と好印象、高いモチベーションを普段からアピールできていれば、正社員登用への道も可能性高くなると思います。
不況続く日本経済ですので、アルバイトから正社員へ昇格するという良い話は少なくなっています。それでも上記で紹介したポイントを実行すれば、かなり登用されるチャンスが広がる事を覚えておいて下さい。

一覧はこちら

工場の求人ランキング

TOP